So-net無料ブログ作成

線守稲荷神社例大祭 [鉄道関係]

御殿場線の箱根第二隧道の出口の上に赤い鳥居があるのに気付く人は
どのくらいいるのだろうか?前方でがぶりつきで見ていてもほんの一
瞬で通り過ぎてしまうので、気付く人は少ないかも知れない。
JR東海の発行している御殿場線沿線案内には載っている時もある。
その神社が、線守稲荷神社である。
稲荷神社なので祀られているのは狐である。その昔、この辺りに住ん
でいた狐。時々悪さもするが、重い荷物を背負ったりなど比較的良い
狐だった。それが、東海道線の工事が始まり、住み処を追われてしまっ
た。その頃から、ここを通る度に大牛が寝ていたので非情ブレーキを
かけて停止すると何も無かったりしたことが数回あった。ある日、同
じことがあったがブレーキが間に合わずぶつかってしまった。するとそ
こには、一匹の大狐が死んでいたそうな。その大狐はかつて村にいた
狐だったそうで、念入りに弔うために神社を建立し線路を守ってもらう
ようにお願いをしたところ、事故は無くなった。
それから、感謝祭として年一回例大祭を行いお参りを欠かさずしている。

先日の山北桜の時が丁度例大祭でした。大勢の人が集まる中、職員に
撮影許可をもらい、敷地外から撮影しました。

_IMG0984.jpg
箱根第二隧道下り側出口の上に線守稲荷神社はあります。
これは、祈りが終わって解散が始まっているタイミング
でしたが、特急あさぎりが通過して行きました。

_IMG0967.jpg
例大祭の様子。JR東海だけでなく保線や地元の方々など多くの方が
集まり、線路を守っていただいた事への感謝をしていました。もち
ろん神主のお清めもありました。

例大祭以外では、幟も手前の鳥居も外されているので気付かないと
思います。私も、前日にここをバスで通らなかったら気付きません
でした。

年一回のチャンスに巡り合えて良かったです。


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0